ダポキセチンで早漏防止!の画像 ダポキセチンは裏切りません!

ダポキセチンという成分を含む薬がある事を知ってました?早漏防止薬の主な成分として重宝されている、とても有難いお薬です。これを含んだ錠剤を服用すると、射精時間の延長が得られますので、こちらで詳しく解説していきます。

記事一覧

ダポキセチンと避妊具で勃起障害を克服できる?

ペニスの硬度が不十分、挿入してから元気がなくなる、といった勃起障害のことをEDと言います。
勃起障害は本来は50代から見られる症状ですが、近年のストレス社会では30代からの発症者も多く見受けられます。
肝心なときにペニスが勃たないと、女性側としても萎えてしまうことが多いでしょう。
たまに調子が悪いことはあるでしょうが、たびたび重なるようでは問題があります。
勃起障害になる原因は血行障害とストレスに大別されますが、早漏が関係することもあります。
早漏になると男性はSEXをするのが恥ずかしくなり、それによって勃起障害を招いてしまうのです。
避妊具を使用すれば持続時間を延ばせると考えるでしょうが、著しい興奮によって早漏を招いている場合は、避妊具を使用してもあまり意味がありません。
コンドームを装着してもしなくても、持続時間はほとんど変わらないという方もいます。

早漏に悩んでいる方は、ダポキセチンの服用をおすすめします。
ダポキセチンは経口薬なので、SEXの前に服用するだけでOKです。
パートナーの見ている前でスプレーする必要がないので、使いやすいという男性が多いです。
スプレータイプとは異なり、快感の減退にはあまり影響を与えないので、本来のSEXの快感を味わえるでしょう。

亀頭がデリケートな男性は、避妊具を着用して射精コントロールをするのが好ましいでしょう。
特に仮性包茎の男性は、衣服と接触する時間が短いため、亀頭が思うように強化されません。
それによって膣内の感触に耐えられず暴発してしまうわけです。
ダポキセチンは脳の興奮だけでなく、亀頭が敏感な男性にもおすすめです。
どのようなタイプの早漏にも効果を発揮する万能薬と言えるでしょう。

続きを読む

ダポキセチンの効果と真性包茎による早漏とサイズ

真性包茎とは亀頭部分を包皮が完全に覆っている状態のもので、刺激に対して保護されている状態なので、セックスの時に少し刺激されるだけで射精をしてしまいます。手術によって包皮をなくすことができますが、ペニスは敏感な部分なので、痛みが1ヶ月以上続く可能性もあります。真性包茎の手術は保険が適用されるものがあるので、事前に手術方法や費用について医師に相談をして、自分の希望にあった病院で手術を受けることが重要です。ペニスのサイズは早漏とは関係ありませんが、女性器の入り口から子宮までの距離が5センチ程度なので、大きくなくてもあまり機能的な問題はありません。しかしペニスのサイズはある程度の大きさがある方が女性にとっては良いとされていて、太いほうが面積が広いので、感じやすくなります。またサイズが大きすぎる場合は、女性器に挿入するときに恐怖感が伴うために、あまり良くないとされていて、場合によっては挿入できないこともあるので、大きければ良いわけではありません。ダポキセチンを服用すると射精までの時間が5分程度長くなるので、勃起改善薬と一緒に服用することもできます。脳内物質のセロトニンが吸収されるのを防ぐ作用があるので、脳内のセロトニンの量が減りにくくなって、緊張や不安を感じにくくなります。日常生活の中でセロトニンを分泌させるためには、日光を浴びたり、運動をしなければなりませんが、分泌量が増えても吸収されてしまうので、不安や緊張を軽減することが難しくなります。ダポキセチンは、セロトニンを減らさないので、緊張しにくくなります。セックスのときに緊張してしまうと脳内に血液が送られるので相対的にペニスの血液量が減少してしまいます。

続きを読む

包茎手術に消極的な人に矯正リングとダポキセチン

包茎手術を受けるには30万円程度の費用がかかるので、真性包茎の人の中には手術に消極的な人もかなり多いのですが、放置しておくと細菌が繁殖しやすいので、矯正リングを装着して包皮をかぶらないようにすることもできます。包茎は通常の場合は、泌尿器科などでも治療を受けることができますが、男性専門のクリニックで手術を受けるのが一般的になっています。男性専門のクリニックには女性の看護師がほとんどいないので、カウンセリングや治療を受けやすいというメリットがあります。包茎は男性にとって大きな悩みなので、悩みがわかる男性同士でないと詳しい話をすることができません。矯正リングを装着すると亀頭が露出しますが、日常的に装着しているとペニスが痛くなることもあるので、適度に使用することが大切です。ダポキセチンはSSRIの薬で、継続して服用し続けると効果が非常に高くなりますが、セックスをする日に服用するだけでも早漏を予防することができます。もともとはうつ病やパニック障害の薬ですが、射精を遅くする副作用があったので、それを利用して開発されたのがダポキセチンです。射精が遅くなるのは、脳の興奮が抑制されることが原因で、緊張や不安なども少なくなるので、ED治療にも使用されています。射精までの時間には個人差がありますが、手で触れられただけで射精してしまったり、挿入して数秒で終わってしまうと、子宮まで精子が届かないので不妊症になる可能性が高まります。早漏というと早く射精をしてしまうというイメージが強いのですが、軽く触れられただけでも精子が出てしまうので、本人もパートナーも快感を感じることができません。満足の行くセックスができていないとコミュニケーションをとることが難しくなるので早めに治療を受ける必要があります。

続きを読む

超早漏は食事とダポキセチンで対応しよう

早漏の定義として、挿入前もしくは挿入後に1分以内に射精をしてしまう、まったくコントロールすることができないことがあげられています。定義としては一応ありますが、その他にもパートナーが満足しない、早いことを指摘されれば早漏に分類されるでしょう。また街中でちょっとしたハプニングで性的な興奮を味わっただけで射精してしまう超早漏の男性もいます。早漏であることで、性行為が苦痛になることがあり、そのようなことにならないためにも積極的に改善を試みることをおすすめします。

食事からも改善をアプローチすることが可能です。早漏の男性ほど、ヒスタミンが多いとされており、それを下げるのがカルシウムやメチオニンです。これらが含む食材を意識して食べると良いでしょう。代表的な食材は牛乳や大豆チーズがあげられます。一方ヒスタミンが多い食材は魚介類です。ちなみにヒスタミンはアレルギーを促進することもありますので、対象者は注意が必要です。

食事からも早漏を改善することに期待を持てますが、超早漏となると難しくなります。食事だけでは対処できないことが多いですので、そのときはダポキセチンに頼るのも対策です。早漏改善薬は一時的になりますが、早漏を脳内から改善することができます。興奮物質を抑える効果を持つセロトニンを増やすことがダポキセチンには可能ですので、それによって超早漏を改善できる可能性があります。ダポキセチンが配合されている医薬品を服用することで、射精までの時間が3倍延びた男性もいるくらいですので、超早漏の方もその恩恵を感じられるかもしれません。なかなか治療は難しいですが、改善を図るための努力をすることが、早漏克服に繋がります。

続きを読む