ダポキセチンで早漏防止!の画像 ダポキセチンは裏切りません!

ダポキセチンは裏切りません!

ダポキセチンという成分を含む薬がある事を知ってました?早漏防止薬の主な成分として重宝されている、とても有難いお薬です。これを含んだ錠剤を服用すると、射精時間の延長が得られますので、こちらで詳しく解説していきます。

         

ダポキセチンを含有する製品群をご紹介

抗うつ剤に含有されているのがダポキセチンです。
早漏改善薬として注目を集めるようになったのも、ここがスタートになっています。
抗うつ剤を服用していた男性の射精が遅くなった副作用から生まれたのが早漏改善薬です。ダポキセチンの作用を理解すれば、その理由がわかるでしょう。

興奮したときに分泌されるのがノルアドレナリンです。
これを抑えるのがセロトニンという物質です。抗うつ剤もこの作用で働き興奮を抑えています。
早漏もその関係とよく似ています。興奮し抑えきれなくなったときに射精が起きますので、それはノルアドレナリンが担当しています。
そのノルアドレナリンを抑えることができるのがセロトニンであることから、ダポキセチンを服用すると射精スピードが遅くなることがわかるでしょう。

とても副作用が少ない医薬品であり、早漏に悩んでいる男性にはうってつけの医薬品になっています。
ただし注意点も必要です。併用してはいけない医薬品として、抗真菌剤や抗生物質があります。
また抗うつ剤と一緒に服用するようなことがあると、効果が強く出過ぎてしまい、それは副作用になる恐れもあります。
そして医薬品の服用に注意しなければならない共通認識として、心臓病や腎障害と肝障害の持病を持っている男性は避けたほうが良い医薬品です。
主治医と相談して服用を検討しましょう。

個人差もありますが、通常よりも3倍も射精スピードを遅らせることができると言われていますので、早漏に悩んでいる男性は進んで改善に励むと良いでしょう。
ただしあくまでも早漏を改善するだけであり、ここから治療ができるわけではありません。
根本的な問題としてセックスになれることも大切な治療であることも忘れずに取り組んでください。

ダポキセチンと交感神経の関連性

その関連性を知るために交感神経が射精にどんな影響を与えているのかを理解しましょう。
興奮しているときは交感神経が優勢になり、リラックスしているときは副交感神経が働きます。
性的興奮を感じ勃起しているときは副交感神経が働き、一方射精をするときは興奮することで交感神経が働きます。
早漏はこの関係のバランスが壊れることによって引き起こされる障害です。副交感神経をセックス中に優勢にする時間が長ければ、それだけ射精スピードが遅くなります。

副交感神経を優勢にする手段として呼吸があげられます。
よく深呼吸をするとリラックスすると言われていますが、それをセックス中にすることである程度は射精のスピードを遅くすることが可能です。
ただし限界もありますので、本格的に副交感神経を優勢に働かせるためにはダポキセチンを使った改善方法が適しています。

ダポキセチンを服用すると脳内のなかでセロトニンが有利に働くようになります。
このセロトニンは興奮したときに分泌されるノルアドレナリンを抑制する効果があり、働きを抑えることで射精スピードを遅くすること可能です。
早漏で悩む男性の多くがこのセロトニンが少ないことがわかっています。
しかもその物質は吸収されやすく、それを阻害する役割を持つのがダポキセチンです。
セロトニンを優勢にすることで自律神経のバランスを保つことが可能です。

効果は個人差がありますが、約3倍時間を延ばすことができると言われています。
性行為の充実性は日本ではあまり語られることはありませんが、カップルにおいて心の会話と言われる行為です。
パートナーを満足させることも必要ですので、早漏に悩んでいるのであれば早急に改善策を講じることをおすすめします。

ダポキセチンの有効成分

早漏改善薬の有効成分がダポキセチンであり、ポゼットやプリリジーが有名な医薬品になっています。
またED治療薬と一緒にダポキセチンが配合さえている医薬品もあり、その場合は勃起不全と早漏を同時に改善することができます。
性行為の前に服用することで約5時間ほど射精が遅くなる効果に期待できます。その間は体力が許す限り性行為を楽しむことができます。
今までパートナーに早漏を指摘された経験がある男性はこれを服用することでパートナーを満足させることと同時に、自身の男としてのプライドも取り戻すことができるでしょう。

医薬品には副作用がありますが、少ないのがダポキセチンのメリットです。
ただし医薬品を服用するときに共通して言われている、心疾患や肝障害と腎障害を持っている男性は服用すると副作用が生じやすくなりますので、必ず医師と相談をしてください。
最初のうちは胃腸に不快感を感じることもありますが、服用し続けていると慣れていく方が多いです。
健康体の男性はそれほどリスクもありませんので、悩んでいるのであれば試してみる価値がある成分になるでしょう。

購入する場所はクリニックになりますが、扱っている病院が少ないのが特徴です。
インターネットを使って取り扱っているクリニックを検索することができますので、念入りに調べてから見つけると良いでしょう。
また個人輸入を通しても購入することが可能です。クリニックになるとダポキセチンが含有されている医薬品は保険適応にはならず、自己負担となり大きな出費になってしまいます。
それを防ぐことができますので、個人輸入で購入するのも良いでしょう。
ただし医薬品であることを忘れずにして、事前に知識を補い購入してください。

▼ダポキセチンを配合した早漏克服に適した医薬品です
そろそろ早漏克服しませんか?